NGなもの

結婚祝いとして贈るものにはルールがあります。NGなものがいくつかあるため注意してください。基本的に結婚祝いというのは縁起物となります。そのため、縁起の悪いものを選んではいけません。たとえば壊れるや切れる、割れるといったものはやめましょう。これらはたとえば縁が切れるということをイメージさせるためです。ただし、最近はグラスや皿を選択されることもあるため、それほど気にしない方もいます。相手の年齢や性格などに合わせて選ぶと良いでしょう。

ご祝儀消え物も基本的にはNGとなっています。消え物というのは入浴剤や食材、洗剤といったものです。これらは使ったら消えてしまうから縁起が悪いとされています。しかし、実際問題としては消え物の方がもらったら喜ぶという方も多いです。むしろ形に残るようなものは気に入らないものを受け取ってしまうと対処に困ってしまいます。

現金を贈るというケースがあるかもしれません。この場合は基本的に直接手渡しするのがマナーとされています。ただし、それが難しいならば現金書留郵便によって郵送しましょう。金額としては1万円前後となっていることが多いです。もし結婚式をキャンセルしてしまったならば、祝儀として渡す分のお金も贈りましょう。