現金や商品券

商品券結婚祝いでは現金や商品券を贈るというパターンがあります。何を贈るべきか迷ったときにはこれらが一番喜ばれるでしょう。現金や商品券であれば、自分で使い道を決めることができるからです。変に凝ったものを贈ってしまうよりも、現金や商品券の方が無難な選択となるのです。ただし、いくつかマナーがあるため気をつけましょう。

まず、結婚祝いというのは直接手渡しをするのが習慣となっています。しかし、それが難しいというケースもあるでしょう。この場合は現金書留郵便によって送りましょう。送る時期としては、挙式の当日の1ヶ月から2ヶ月前が良いでしょう。最低でも1週間前ぐらいまでには送るべきです。ただし、式に招待されていないならば、式の後に送っておくと良いでしょう。

金額の相場としてはほとんどの方が1万円前後となっています。これは出席しない場合には祝儀の1/2から1/3くらいのものを贈るのが目安とされており、一般的な祝儀は相場が3万円となっているからです。

現金や商品券については気持ちが伝わらないと考える方がいるかもしれません。しかし、受け取る側としては現金や商品券でもありがたいと思う気持ちはあるものです。使いにくい物を贈るよりも、現金や商品券の方が効果的でしょう。


NGなもの

結婚祝いとして贈るものにはルールがあります。NGなものがいくつかあるため注意してください。基本的に結婚祝いというのは縁起物となります。そのため、縁起の悪いものを選んではいけません。たとえば壊れるや切れる、割れるといったものはやめましょう。これらはたとえば縁が切れるということをイメージさせるためです。ただし、最近はグラスや皿を選択されることもあるため、それほど気にしない方もいます。相手の年齢や性格などに合わせて選ぶと良いでしょう。

ご祝儀消え物も基本的にはNGとなっています。消え物というのは入浴剤や食材、洗剤といったものです。これらは使ったら消えてしまうから縁起が悪いとされています。しかし、実際問題としては消え物の方がもらったら喜ぶという方も多いです。むしろ形に残るようなものは気に入らないものを受け取ってしまうと対処に困ってしまいます。

現金を贈るというケースがあるかもしれません。この場合は基本的に直接手渡しするのがマナーとされています。ただし、それが難しいならば現金書留郵便によって郵送しましょう。金額としては1万円前後となっていることが多いです。もし結婚式をキャンセルしてしまったならば、祝儀として渡す分のお金も贈りましょう。


印鑑

印鑑結婚祝いとしておすすめするプレゼントの1つが印鑑です。印鑑とは意外だと思う方がいるかもしれませんが、結婚をするということはこれから苗字が変わるということです。そのため、女性は新しい印鑑を必要とします。そんなときに素敵な印鑑をプレゼントしてあげると喜ばれるでしょう。

最近はさまざまな印鑑が存在しています。そのため、結婚祝いとしてふさわしい華やかなものもあるのです。従来の黒か白で淡白なイメージのあるものではなくてもっと色鮮やかな印鑑も売られています。

印鑑は注文をしてから受け取るまでに時間がかかることがあります。手作業で仕上げをするケースもあるからです。たとえば書体やサイズを選ぶこともできます。相手が好みそうなものを選びましょう。また、店頭に行かなくても、通販で印鑑注文をすることができます。こちらも参考にしてみてください。

結婚祝いの贈答品用として、桐の木箱を用意してくれるような業者もあります。しっかりと箱の上に名前や絵柄などを入れてもらうこともできるのです。そのため、印鑑といってもしっかりとしたものをプレゼントすることができます。

印鑑を選ぶならば実用的なものを選択しましょう。印材は長持ちするようなものを選択して、長く使うことができるようなものをチョイスするのです。印影にも注意しましょう。普段遣いしにくいものは避けましょう。


結婚祝いの品

結婚家族や友達、会社の同僚などが結婚をするということがあります。結婚というのはとても喜ばしいイベントです。そのときにはお祝いをしてあげる必要があるでしょう。自分が結婚のことを喜んでいるという気持ちを伝えることは大切です。そうすることによって、これからの人間関係を良好に保つことができるでしょう。お祝いとして何かをプレゼントすると良いでしょう。結婚のお祝い品をプレゼントするのは多くの方が行っていることです。そのような義務があるわけではないのですが、親しい人に対してお祝い品を贈るのは、とても大切なことなのです。

しかし、実際にお祝い品に何を贈るべきなのか迷ってしまう方は多いでしょう。せっかくプレゼントをしたとしても、それを喜んでくれない可能性もあるのです。せっかく贈るのであれば、相手が本当に喜んでくれるものを贈りたいものです。そうすれば、相手はそのお祝い品を毎日利用したり、大切に扱ってくれるでしょう。そして、そのお祝い品を贈ってくれた人のことについて考える機会も増えるでしょう。あなたに対する印象が良くなります。これからも仲良くしていきたいと考えるでしょう。

こちらではこれからお祝い品を用意したいときに、一体何を準備すれば良いのか参考になる情報を提供しましょう。結婚祝いの品の選び方や注意点について解説します。NGとなってしまうこともあるため気をつけてください。大切な人へのプレゼントを選ぶための参考にしてください。